Yes ハンドクラフト レザーバッグ

Yes

過去や未来、そして今を_yes。
すべてを可能性だと信じてトライする。「うん、いい !! 」で共感し合える、ものづくり。
新しい発見と、その喜びに向かってyesはスタートしました。

「本当にいい革」を伝えていきたい。

=MISSION=

鞣しとは、天然の素材である皮が腐らないように塩漬けにしたあと、タンニン液などの
溶解液を浸透させ、「皮」から「革」へと変貌させる工法です。

革には人と同じように個体差があり、部位によって様々な表情を見せます。
yesは、その革の特徴を最大限に生かし、一枚の革を余すことなく使い切るために分割し、
再びつなぎ合わせる”スクエアパーツ”や、
無縫製でつなぎ合わせる”漉き継ぎ”などの新しい技法を生み出し、
「本当にいい革」を伝えていきます。

スクエアポーチ

image

image

image

image

image

dt4_img06

¥9200+tax

見た目以上の容量がありipadやB5ノートなどが収納できるサイズで、クラッチバックとしても活躍するアイテムです。様々なスタイルに合わせられるようシンプルなデザインに仕上げています。質感の違うスクエアパーツを組み合わせることで経年変化の過程も楽しむことができます。裏地はキャンバス地で中に仕切りも付いています。

スクエアショールバーバッグ

image

image

image

image

image

image

image

¥14000+tax

見た目はコンパクトながら、長財布やモバイルなどもしっかり収納できる2ピースのサイズ感ショルダーバッグです。ショルダーの長さは調整できるので、斜め掛けにしたり、肩掛けにしたりと、その日のスタイルに合わせてお使いいただけます。中にはレザーの仕切りが付いています。

スクエアショルダーバッグ

image

image

image

image

¥27000+tax

大き目の栃木レザーパーツを組み合わせたショルダーバッグは、使うほどに柔らかくなってきますが、型崩れしないので長く使い込んでいけるアイテムです。
また、パーツごとに変わりゆく革の表情の違いも楽しんでいただけます。ボディーを身体の右側でタスキ掛けした時にアイテム全体が美しく正面を向くように、ショルダー部分にあえて”ねじり”を加えて装着しています。中にはレザーの仕切りが付いています。

2016-08-26 | Posted in ACCESSORY, WEAR, WEAR2No Comments » 

関連記事

Comment





Comment